差金決済とは

FXの差金決済での取引とというのはどんな取引なのでしょうか?
たとえば外貨預金の場合は1万ドルを買おうとすると、1ドル110円の場合なら110万円が必要になります。
しかし、FXでの場合は、担保として5万円前後預けておくと、1万ドルつまり110万円の取引が可能になります。

なぜこのようなことが可能なのかと言うと、FXが「売りと買いの差額しか決済しない」という特徴を持っているからです。
再び例をあげますが、5万円を預けたとして、100万円分の信用取引口座を用意してもらいます。
その100万円で5000ドルを買ったとします。
たとえば1ドル110円とすると、55万円分使った事になります。
こうしてドルを買ったことで「ドル円で、5000ドルの買いポジションを持つ」と言えるのです。

さきほど使った「ドル円で」というのは、通貨の組み合わせ方のことです。
ドルとユーロの組み合わせなどもあります。
また、買いポジションという言葉は、「買っている状態」という意味です。
実際には現金で1万ドルを持っている訳ではないので、「買っている状態」となります。
この5000ドルの買いポジションを持った後、1ドルが112円になったとしましょう。
すると、5000ドル×112円=56万円です。
持っている資産(買いポジション)が、ドル円の変動によって、1万円の利益を生みました。
ここでドルを売ることで、買いポジションを解除して、56万円ー55万円=1万円という、差額1万円が利益として振り込まれるのです。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。