差金決済での損失

前回の記事で紹介した差金決済ですが、いつも上手く行くとは限りません。
たとえば1ドル110円の時に買って、その直後に1ドルが108円になったとします。
この時の買いポジションは108円×5000ドルですから、54万円となります。
55万-54万で1万円の損が出ています。
あなたは最初に5万円を預けています。
この状態で1万円の損が出ても、まだ5万円の預け金があるので投資は続けられる、これがFXの特徴とも言えるでしょう。

FXを扱っている各会社では、各自「最低でも維持しておかなければならない金額」という基準を設けています。
例えば5万円を預けていた会社が、「最低3万円は預けてください」という基準を持っていた場合、あなたは今1万円の損で総資産4万円です。
この時点では基準の最低額に達してないので取引はまだ可能です。

しかし、ここで1ドルが一気に106円になった場合を考えて見ましょう。
あなたの資産は106円×5000ドルで53万円となります。
2万円の損により、あなたの資産が3万円ぴったりとなりました。
あと1銭でも下がったら、そこで基準を割り込んでしまいますので、その金額で強制的に取引が決済されて損失が確定するという仕組みです。

この場合では、ドルの買いから入っていますが、逆のパターンつまりドル売りから入ることも可能です。
ドルを先に売って、あとで買い戻すとという事も、考え方は全く同じですね。
売り買いを逆にするということです。

FXでは差金決済という方法をとる事によって、元手となる資産に対して大きな金額で取引を行なえるだけではありません。
ドルの売りから取引を始めたり、ユーロなどの違う通貨でも取引が可能となるのです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。