FXのメリット

FXを利用するときの利点ははいくつもありますが、何よりも小さな金額で取引を始められることが最大の利点でしょう。
預け入れたお金を「証拠金」として扱い、それを担保として証券会社から大きな金額の取引を行うことができる権利を得るというFXの仕組みから来るメリットです。

実際の取引では、売買の損得のみを決済します。
これを差金決済と言うのは説明しましたね。
差金決済ですから、失敗した分の損は、預け入れたお金の範囲内であるならば、元手が少なくても大きな取引が出来るのです。
たとえば5万円を預けて、100万円の取引を行える状態を、「レバレッジが20倍」という風に言います。
要するに「預けた金額の何倍まで取引可能か」という数字です。

各社によって様々ですが、ほとんどは101日あたりの値動きが1日2円以上もあるようなことは稀です。
このような場合、手数料だけで損をしてしまう可能性が高いのが外貨預金です。
その点、FXならば一般的に1ドルあたり5銭前後の手数料ですから、手数料で損をする可能性が低くなります。
倍から30倍程度でしょうね。
また、手数料の安さも大きなプラス要素と言えるでしょう。

外貨預金の場合、「仲値」と言われる、その日の朝10時のレートで取引が行われます。
その時、ドルを買うなら仲値にプラス1円の金額となり、ドルを売るなら、仲値からマイナス1円の金額で決済されてしまいます。
1回往復するだけで2円分の手数料が取られます。
特に取引を1日に何回も繰り返す場合は、この差が大きくでるでしょう。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/63965239
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。