FXにおけるリスク

FXが為替の取引である以上、リスクが無いとは絶対に言うことができません。
具体的にどのようなリスクがあるのでしょう?
値段が動くからこそ、利益も出ますが、損が出る可能性もありますね。
それ自体は悪い事ではありません。

FXの場合に気をつけないければならないのが、「レバレッジが効いている」という点です。
担保として5万円前後預けておくと、100万円の取引が可能になるというのを「レバレッジが効いている」と言います。
このまま例として使いますが、5万円を預けて100万円分の取引が出来るようになった場合。
1ドルを100円として、1万ドルを買ったとします。
そうすると、ドルが100円から99円になった、つまり1円動いただけで、あなたの資産は1万円も減る事になるんですね。
レバレッジをかける事で少ない資金で始められる反面、値動きの影響も大きくなってしまいます。

株の投資では1円動いたくらいでは、利益にも損にもなりませんがFXでは1円動くと、それだけで利益も出ますし、損になる事もあるということです。
株投資の感覚とはずいぶん違ってくるので、小さな値動きでもちゃんと見るという癖をつけておきたいですね。

また流動性リスクが少ないとはいえ0ではないとい改めて認識しておくべきです。
特にマイナーな通貨で取引している場合は注意が必要です。
またテロや事故・事件の影響で大きく市場が変化してしまう可能性も十分に考えておきましょう。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。