FXにおけるリスク2

FXに限った話ではありませんが、ネット上で取引をする上でもっとも恐ろしいリスクは、やはりインターネット回線が使えなくなる事でしょう。
サーバーやインターネットのプロバイダでのメンテナンスやトラブルなどもそうですが、自らのミスでパソコンや取引端末が使えなくなるのが一番痛いでしょう。
取引ができない間にも為替が動いて大幅な損失が出る可能性がある。
すこし大げさに言い方かもしれませんが、可能性があるのは間違いありません。
少なくとも取引をしたいタイミングが遅れてしまうという可能性はあります。
ネット上で取り引きをしている以上、こればかりはある程度覚悟をしておくしかないでしょうね。

また、取引をしている証券会社が倒産してしまうというのもリスクの1つですね。
2005年の法改正によって、危ない業者はかなり一掃されましたが、それでも完全になくなってはいません。
このようなリスクを避けるためになるべく大手で安定した、歴史の長い会社で口座を開いておきたいところですね。

一部のシステムリスク以外は、どれも普段から少し注意するだけで避けられる事です。
こういったリスクがある事をふまえた上で行動するのが理想です。日々、対策を打っておきましょう。
またどのようなリスクがあるのか事前に考えておくのも大切かも知れません。
取引通貨を選ぶ事も証券会社を選ぶ事も戦略の一つです。
場合によっては取引口座を変える事なども十分に考えておいたほうがいいでしょう。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。