基本のドル

外貨預金などでもそうですが、やはり初めての取引の場合はアメリカのドルから始めるのが基本のようです。
FXでの場合はこれを「ドル円」と言います。
ではなぜドル円なのでしょう。
それには、次の三つの理由があるんです。

@ドルが世界の基軸通貨
A情報量の多さ
B取引量が多く安定している

取引を実際にする場合に一番安心できるのがドルでもあります。
というのも、取引量が他の通貨に比べて桁違いに多いです。
桁違いに多いということは、そこに使われている投資額も半端なく大きくなります。
取引量が多いという事は、ヘッジファンドのような大口の投資家が、意図的に値段を動かそうとしても、あまりにも市場が大きすぎて動かせないのです。
仕手が起きないという事は、それだけ今の価格が正当な数字で、誰かが意図的に動かしているものではないということになります。
また値動きも読みやすいということです。

世界的な動きからしてアメリカのドルが世界の基軸通貨として認められているのは間違いないでしょう。
そういった点からしても情報量が多いと言うのもうなずけるかと思います。
また、そういった点以外でも普通の人が一番なじみのある通貨と言えば、やはり日本円以外ではアメリカのドルではないでしょうか。
外貨取引のイメージもつかみやすいでしょう。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/69167202
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。