時間帯による取引差

FXでは24時間取引が可能です。
しかし現実には、それは世界中のどこかしらの市場が動いているかであって取引量の多い時間帯と少ない時間帯で差が出てきてしまいます。
一番取引が多いのは、ロンドン時間と言われる、東京の夕方から深夜の時間帯です。
この時間帯は、EU全域の銀行が取引をしており、東京、香港、シンガポールも途中まで残っています。
また、明け方近くにはニューヨークの銀行が参加してきますので、一番取引量の多い時間帯なのです。
また、EUやアメリカの経済指標の発表などもこのあたりの時間帯に行なわれるということで、一番動きが大きいのもこの時間帯となります。

逆に取引が少ないのが、東京の早朝でしょう。
この時間帯は、ニューヨークの銀行勢は既に帰宅しており、東京も本格的に参加する直前です。
オーストラリアやNZのような、オセアニア系が取引の中心ですから、全体的に見るとどうしても参加者が少なくなってしまいます。
取引量が少ないという事は、値動きも少ない上、大口の投資家にやられる可能性の高い時間帯でもあります。

FXをする上で安定した取引をしたい方は、ぜひこの時間帯を避けるようにしたいものです。
基本的には日本時間での午後5時からが一番市場が活発なのですから、その時間の動きを見てFXをするうえでのコツを少しずつ覚えていければいいでしょう。
早朝にやってもあまり利益はないので、睡眠、あるいは1日の準備をしっかりしましょう。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/69684265
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。