時間帯ごとのポイント

FXの相場というものは基本的に24時間オープンであり、またそれが大きな強みでもあります。
しかし、その24時間の中でもキーポイントになる時間帯というのがいくつか存在します。
今回はそれを1つずつ解説していきたいと思います。

まずは午前9時55分です。
この時間は、東京の銀行の「仲値」が決定される時間です。
仲値というのは、銀行の窓口で両替を行う際に基準となるレートのことです。
それほど額の大きくなく、回数もそこまで多くない輸入などで使われるレートとなりますので、基本的にはこのレートでのドル買い円売りが多くなります。
特に5、10の付く日や月末はこの時間帯でドルが買われる傾向が強くなります。

次が午後3時です。これは、東京で行われているオプション取引の期限となる時間です。
ある価格がつくとオプションの権利が消滅する、というような取引が多い場合、その価格直前で値動きが止まる方向へ圧力がかかる事があります。
逆に午後3時を過ぎると、止まっていた価格が一気に動き出す可能性もあります。

そして午後9時半、アメリカで冬時間採用時は午後10時半。
この時間帯は、アメリカで主な経済指標が発表される時間帯ですので、ニュースによる値動きが一気に起こる可能性があります。
ニューヨークで取引されているオプション取引の行使期限の時間帯は日本時間での午後11時です。
特徴は東京でのオプション取引の期限と同じです。
ただしニューヨークの取引は、東京の取引よりも量が多くなる傾向があり、東京よりも一層注意が必要です。

そして深夜0時ロンドンフィックスと呼ばれる、投資信託などに使われるレートが決まる時間帯のことです。
ちなみにフィックス(fix)とは固定する、決めるということです。
この時間帯にクロス円の取引が多いと言われており、この時間帯での買い注文が多く発生する可能性があります。

このように、FXにおける重要な時間が24時間の間にいくつかあります。
その時間に起こる動きをしっかり把握する事でFXでの成果をあげることが出来ることでしょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。